PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジャパンカップ2015静岡大会

6月5日にツインメッセ静岡で開催された
ジャパンカップ2015静岡大会に参加してきました。

150705_1.jpg


去年の群馬以来の遠征です。
静岡なら日帰りで行けなくもないのですが、折角なので前日入りしてちょっと観光もしてきました。
なお面子は海月さん、Oさんといつもの。

150705_3.jpg

静岡ホビースクエアとか。
コースもあるのでちょっと明日のマシンのテストもしました。

150705_4.jpg

しかし各自マシンの走行確認が早々に終わり、思いつきで始まったワンメイク素組み対決。
言い換えれば誰が一番組むのが上手いかという勝負ですね、しかも1時間という制限付き。

なお私はそもそもS2を組むこと自体初めてだったので手間取り、ボディがひどい手抜きにw

とはいえ素組でガツガツ走らせるということ自体が久しぶりだったので、
色々新鮮で気付かされることも多い戦いでした。

---

その他、お城とか。

150705_5.jpg

時代のコントラスト、こういうの好きです。

そして静岡グルメ。
とろろ
150705_2.jpg


餃子

150705_7.jpg

静岡おでん、そしてしらす丼

150705_6.jpg

とてもおいしい旅でした(完)


---


気を取り直して大会当日。
7時くらいに会場入り。

150705_8.jpg

始発よりちょい遅いくらいでしたが、午前の中盤くらいの組。
やっぱ東京大会は異常だな(汗)


さてレースの方ですが、結果からいうと全☆滅でした。

150705_9.jpg

うーん、一人くらい結果残したかったですが、まさか全員COとは・・・

初のちゃんとしてコンディションということで
前回とほぼ同じマシンでしたが、色々と見直しが必要かなぁ。

ちなみにメビウスチェンジャーの入口部分、平坦なストレートからいきなり
傾斜のついたメビウスに突入するため東京大会ではそこでマシンが跳ね上がってコースアウトしている様子が時折ありました。
ですがこれがタミヤの意図していなかった要因なのか、今回は跳ねを防止するようスロープが設けられていました。
大きな変化ではないですが、懸念がひとつ減ったのでこれはありがたい。

150705_10.jpg

---

で、問題は今回もコースアウト多発のプラウドマウンテン。
大阪大会あたりからTwitter等でもちょくちょく話を聞いていたので、私も少し観察してみました。

150705_11.jpg

確かに、コースアウトのしかたがみんな似ているというか、同じ方向にマシンが逸れている印象。
正面からよく見るとわずかではありますがプラウドの設置がズレて山頂の壁に段差ができているような・・・?

動画を撮影してスローで見ても、レースによっては特定のレーンを通ると
どのマシンも同じように逸れて飛ぶという事もありましたし、やはり原因はコースなのかなと。
加えて3面あるそれぞれのコースによっても完走率に差があるように見られました。

厄介な問題ですが、コースの繋ぎ目を完全に隙間なく、段差なく、真っ直ぐにするというのは
非現実的な話ですし、大なり小なりこうなってしまうのは仕方ないのかなと思います。

であればこちらとしては、いかにその段差を影響が出ないよう飛ばすかという話。
これをうまく見つけることがハイパーダッシュサーキットの攻略の一つのカギかなと。
速度・タイムを詰めるのはそれからですね。



あ、ちなみに普通のコンディションでもモヒカンはほぼ空気でしたね。
ブレーキさえ触れてなければ気にする必要性はなさそうです。
スポンサーサイト

| ミニ四駆 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://vanadiumatk.blog.fc2.com/tb.php/92-18950b5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。